プロフィール

作家 編集者 ライター 木村洋平(きむら ようへい)
都内在住。専攻は哲学、科学史。ほか、西洋文化史にかかわる仕事も受けます。ときどき、物語創作。読書会「本のカフェ」を主宰。

関心:本(思想、文学、歴史、童話など)、美術、音楽(古楽、クラシック、Jazzなど)、珈琲、俳句、旅行。


【著書・訳書】 訳書にヴィトゲンシュタイン著『論理哲学論考』(社会評論社、2007
単著に『「論理哲学論考」対訳・注解書』(社会評論社、2010
西洋文化史『珈琲と吟遊詩人 不思議な楽器リュートを奏でる』(社会評論社、2011)
物語『ちょっと木になる童話集』(Kindle出版、2017
哲学の集大成として『遊戯哲学博物誌:なにもかも遊び戯れている』(はるかぜ書房、2017)


メール:kimura.youhei.01◆gmail.com ◆→@
    (これ以前のメールアドレスも使えます)。
Facebookページ:本のカフェ

ゆく春俳句会:http://haikumoment.org/ (所属している俳句会)


フリーランスとして仕事のご依頼を受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

【経歴】
東京大学 教養学部 科学史・科学哲学科卒業。
和光大学大学院 社会文化総合研究科で「リュートの文化史」をテーマに研究し、修了。
二十歳の頃から十余年をかけて『遊戯哲学博物誌:なにもかも遊び戯れている』を完成させる。
現在、フリーの編集者として、また教育業界でも仕事をしています。