プロフィール/仕事のご依頼


"「理念」を言葉でカタチにする"

エシカルSTORY 代表
《エシカル編集局》編集者・ライター
木村洋平(きむら ようへい)


理念:エシカル(倫理的)な事業や活動が礎(いしずえ)となる社会を作る。

お客様へのメッセージ:まず、お客様の声を「聞く」こと。資料を「読む」こと。それから、「話す」、最後に「書く」という優先順位で仕事に臨みます。


【得意な領域】
▶ エシカル、サステナビリティ、ESG。哲学・思想をはじめ、人文学の全般。科学、科学史。文学・芸術について。文化史、生活史、社会史など。


【編集・ライティング】
▶ 編集としては、書籍制作やWebメディアで、企画・構成・校閲ができます。「新規事業や活動の立ち上げ→チーム編成→マネジメント」までできます。

▶ ライターとしては、個人を取材して、事業の内容、理念、創業史、個人史を「物語」としてまとめる記事の制作が専門です(ストーリーテリングの手法)。ほか、リサーチ記事、イベントレポートなど。



【講義・セミナー】
▶ 大学の講義/セミナー/パネルディスカッション登壇などの講演依頼も受け付けます。テーマは、エシカル・サステナビリティ、哲学・思想をはじめとする人文学など。


【ご依頼・問い合わせ】
ご予算など含め、お気軽にご相談ください。




【プロフィール:木村洋平】
Webメディア エシカルSTORY 代表。フリーランスの編集者・ライター。都内在住。北海道と珈琲が好き。

筑波大学附属駒場中高等学校 卒業
東京大学 教養学部(科学史・科学哲学専攻)卒業(2007)
和光大学大学院 社会文化総合研究科 修了(2009)

2007 - 2017 作家として、哲学と文化史で4冊の本を商業出版
2011 地方公務員 行政職 勤務(のち退職)
2012 - フリーランスの編集者・ライターとして、思想、文学、文化、科学、社会課題を扱う。書籍制作とWeb編集・ライティングにたずさわる。
2020 「ひと」の取材記事をメインに、エシカル・サステナビリティを広めるWebメディア「エシカルSTORY」を起業(2020年6月サイト公開)する。

2013 - 2018:読書会「本のカフェ」を主宰
2020:詩と思想を伝える「詩の図書館」を運営(note)

専門:哲学・思想、エシカル・サステナビリティ、科学史・科学哲学
深い関心:社会課題、文学、批評、美術、音楽(クラシック・古楽、ジャズ、邦楽・洋楽、ワールドミュージック)、雑誌『ビッグイシュー』、世界史、文化史、ドイツ語、英語、俳句・短歌、珈琲、文具、北海道。
大切だと思うこと:人間性、越境、遊びと余白


【ストーリー】
10代から、哲学と文学に深い関心を抱く。ずっと旅が好き。20代後半で、北海道の土地に惹かれて移住。喫茶店や画廊を回り、北海道に根ざした文化を楽しむ。

学生時代から作家として4冊の本を商業出版し、地方公務員を辞めたあとはフリーランスの編集者・ライターとして仕事をする。

他方、20歳の頃に体を壊した経験から、以後、さまざまな社会課題に関心を向ける。ひとに会って話を聞き、本や雑誌で学び、哲学と社会課題を結びつけた起業を決意する。

2020年6月にWebメディア「エシカルSTORY」を創業。ユニークな仕事をするひと、起業家、社会的な少数者らを取材。人間と地球の持続可能性(サステナビリティ)をテーマに編集・執筆をする。

▶ 大事に思っていること
長い間、世の中の中心と周縁をつなぐことを意識してきました。たとえば、官庁や大企業の世界と、地方在住者や芸術家、障害や病気を持つひとなど。

言葉や芸術による表現を通して、境界線を超えた橋渡しを日々、心がけています。




【実績】
1.運営媒体
「エシカルSTORY」…創業者。現在、代表。全記事の編集にかかわり、多くの記事を執筆。
「詩の図書館」…書籍紹介ブログ。木村個人で運営。


2.自著
論理哲学論考ヴィトゲンシュタイン著(ドイツ語、翻訳)社会評論社、2007


3.編集業
《書籍》
『ジャズの歴史物語』角川ソフィア文庫、油井正一、2018、KADOKAWA
『穏やかな看取りのために:15の事例で学べる介護のポイント』内田 勝久、内田 貴士、はるかぜ書房、
2018
『君もガリレオになる:『新科学対話』(動力学):落下運動を図形幾何で解き明かす』大島隆義、はるかぜ書房、2018
『未来の音を聴く:「音楽的な耳」を育てるウィレムスの教育』若林一惠、はるかぜ書房、
2018
『夜の扉のなかにあるもの:元No.1ホステス、コロンビア大卒、外資系コンサルが解き明かす六本木の世界』蓮実里菜、はるかぜ書房、2019
『夢降る街角』エディ・ツチヤ、はるかぜ書房、2019
『平成の文学とはなんだったのか:激流と無情を越えて』重里徹也、助川幸逸郎著、はるかぜ書房、2019
『思想家と建築』(デリダ、ドゥルーズ&ガタリ、ベンヤミンの各巻)丸善出版、2019
『ドイツ文化事典』丸善出版、2020
『南部修太郎』(大正浪漫ライブラリー 1巻)南部修太郎、永井 聖剛(監修)、はるかぜ書房、2021


《Web記事》
4.記事執筆
『ルネサンス・バロックのブックガイド』ヒロ・ヒライ監修、2019、工作舎
『ドイツ文化事典』丸善出版、2020


【メディア取材】


お問い合わせは
kimuray◆ethical-story.jp(◆→@)まで。
お気軽にご相談、ご依頼ください。

木村洋平