2018年6月8日金曜日

【告知】哲学カフェ:哲学で遊ぶ SFワークショップ

遊びをテーマとした哲学の本『遊戯哲学博物誌』(2017)を題材に、WS(ワークショップ)型の哲学カフェを共催します。

日時:2018年7月8日 16時〜18時半
場所:恵比寿 カフェ カルフール
定員:10名
参加費:1200円+各自オーダー(予定)

『遊戯哲学博物誌』を素材としてみんなで遊べる場を作りたいと思います。

以前の哲学カフェ
SF的な設定のゲーム形式です。おおよそこんなイメージで仕掛け(ワーク)を作っていこうと計画中。

──時は2118年、「大災厄」ののちの日本。『遊戯哲学博物誌』の原本は消滅し、断片のみが残されている。著者もすでにいない。ワーキングチーム(* 参加者のみなさま)はオリジナルな仕方で本の復元を試みる。

このブログページに最新の情報を随時更新していきます。

*「哲学」を勉強(独学、専攻など)していない方も歓迎です。
*『遊戯哲学博物誌』は課題図書ではありません。読んでくる必要はありません。
*当日、ご用意いただくものは筆記用具くらい(持ってこなくても可)の予定です。気軽にお越しください。

お問い合わせ・お申込
kimura.youhei.01あっとgmail.com

お申込は木村が使っているSNSでも受け付けます。

多くのお申込をお待ちしております。
よろしくお願いします。

主催:木村洋平、amd

2018年6月6日水曜日

【新刊】『穏やかな看取りのために』

6月15日『穏やかな看取りのために:15の事例で学べる介護のポイント』が発売になりました。いま介護しているひとも、これからの方もきっと得るところのある本です。


2018年6月1日金曜日

ファシリテーターとはなにか

『かかわり方のまなび方:ワークショップとファシリテーションの現場から』(ちくま文庫)を読んだ。小休止している本のカフェを再開するヒントが得られた。


2018年5月27日日曜日

哲学カフェ、その先へ


最近、哲学カフェは人気がある。首都圏に数多くあるようだし、僕自身も参加してみて、思うところができた。ここでは、哲学カフェに感じがちな限界を見つめて、「その先へ」進むことのメリットとデメリットを考えてみたい。(しかし、僕はちょっと現場経験が足りないかもしれない)。

2018年5月11日金曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その7

その6からのつづき。


今回の「その7」で一旦、連載を終わりたいと思います。テーマは、『遊戯哲学博物誌』が目指したものはなにか?

2018年5月7日月曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その6

その5からのつづき。

今回は、全体の構成をおおまかに整理してみます。全43章を6つくらいに分けられるでしょうか。


2018年4月28日土曜日

新刊『君もガリレオになる』

物理・数学・科学史好きなひとのための本『君もガリレオになる』が刊行されました!


ガリレオは最晩年、力学の問題に取り組み、斬新な成果を上げます。しかし、ガリレオと言えば、望遠鏡を製作して天体観測したエピソードの方が有名ではないでしょうか?ガリレオの力学への貢献はあまり知られていないように見えます。

2018年4月17日火曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その5

その4からのつづき。


今回は、閑話休題。書き終えての感想を書いてみます。

2018年4月13日金曜日

辻村深月『かがみの孤城』

本屋大賞2018に選ばれた『かがみの孤城』。


2018年4月9日月曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その4

その3からのつづきです。

古代ギリシアの原点に立ち戻る

今回は、最初の1〜3章と、最後の2章の話をしたいと思います。前回、書いた通り、ここにはこの本のエッセンスが抽出、凝縮されています。

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その3

その2からのつづきです。

まずは、この本の問題設定を確認したいと思います。哲学としての問いです。

ふたつの問い、「世界とはなにか」(世界はどのように成り立っているか)「善く生きるとはどういうことか」が根本にあります。


2018年4月8日日曜日

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その2

その1からのつづきです。『遊戯哲学博物誌』の紹介。


なぜ「遊び」なのか。

『遊戯哲学博物誌』の案内板 その1

『遊戯哲学博物誌』を刊行してから半年ほど経つあいだに、いろいろな声をいただき、いろいろな読まれ方をされている!と少し驚いています。


なにかに突き動かされるように書き切った本でしたが、いま、反響を踏まえながら、わかりやすい紹介を兼ねて、ポイントをまとめてみます。


一段落ついた著者からの「案内板」のつもりで……

2018年3月31日土曜日

新刊:『ジャズの歴史物語』油井正一(文庫版)

ジャズ評論の世界的な名著、復刊。
油井正一(ゆい・しょういち)の『ジャズの歴史物語』が、二度の絶版を経て、このたび文庫化されました。


20世紀ジャズの興隆をリアルタイムで見聞しながら、独自の語り口と、「論理的な発展をするジャズ」という歴史観のもとで好評を博した著者。

もう発刊から50年近くが経ちますが、70年代までの波乱万丈なジャズ史を、たくさんのユニークなエピソードを交えて語って古びない、エキサイティングな本。

(ぼくは文庫版限定のディスコグラフィーと校正、アドバイスなどを担当しました。ディスコグラフィーは巻末に収録。お楽しみください!)

『ジャズの歴史物語』、油井正一、角川ソフィア文庫、2018

ピーター・フランクル氏の話

以下、ピーター・フランクル氏の話。彼は、国際数学オリンピック金メダリストで、算数オリンピック創設に力を尽くしたジャグラーだ。